カテゴリー
経営一言

伊集院 静 作・小説「鳥井信治郎と末裔」より、座主の言葉:「放っておけば失敗もするでしょう。しかし失敗して身に付くものの方が多いのです。当人が、痛い、辛い、を味わって初めて身に付くのです。」

「放っておけば失敗もするでしょう。しかし失敗して身に付くものの方が多いのです。当人が、痛い、辛い、を味わって初めて身に付くのです。」

(伊集院 静 作・小説「鳥井信治郎と末裔」より、座主の言葉)

-所長コメント:「任せる」ということは、失敗も間違いも全て含んだものであること。又、それに伴って発生する損失も含まれなければならない。可愛い子には旅をさせ、自立心をつくっていくことです。若い時の苦労は買ってでもせよです。-