カテゴリー
セミナー情報 お知らせ

『「ふるさと納税」って知ってる?』セミナー

12月7日、226の国と地域出身26万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPANが開催する、【払った税金から欲しいものが貰える!】「ふるさと納税」って知ってる?セミナーに、税理士法人Y.K.C.代表のキタノが登壇します。

総務省の調査によると、令和5年度の住民税控除に関するふるさと納税利用者数は日本全体で約890万人となり、前年比で約150万人増加しています。在留外国人も「ふるさと納税」を利用することで、住民税控除を受けるメリットが多岐にわたります。しかしながら、この制度の存在に関する認知度が十分に進んでおらず、大きな機会損失が生じています。

在留外国人の「ふるさと納税」に対する認知度や利用率を向上させることを目指してており、在留外国人の方でも理解できるように、ふるさと納税の基本的な仕組みや手続きの流れをわかりやすく解説します。

  • セミナー概要
    ■内容:【払った税金から欲しいものが貰える!】「ふるさと納税」って知ってる?
    ■会場:オンラインセミナー(Zoom)
    ■開催日時:12月7日(木) 17:00‐17:30
    ■参加費:無料
    ■申し込みページ:https://work.yolo-japan.co.jp/seminar/tax

<このような方々におすすめです>
・「ふるさと納税」の始め方がわからない
・ 「ふるさと納税」の仕組みやメリットについて知りたい
・「ふるさと納税」の上限額を把握したい
・「ふるさと納税」の返礼品の内容について知りたい

参加料は無料です。
お申込みお待ちしております。
https://work.yolo-japan.co.jp/seminar/tax

セミナーについてのご質問、ふるさと納税について知りたい方は
大阪市淀川区にある、新大阪駅からすぐの税理士
税理士法人Y.K.C.までご相談ください。

カテゴリー
お知らせ

TikTokアカウントのご紹介

弊社税理士の小田による「ふくみみ税理士@おだちゃん」では、
気になる税務・会計面の知識を分かりやすくまとめた動画を投稿しています!

「動画を見たけどわからない」、「うちってこのままで大丈夫なの?」などご質問がある方は
大阪市淀川区にある、新大阪駅からすぐの税理士
税理士法人Y.K.C.までご相談ください。

カテゴリー
お知らせ

年末年始休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社は下記日程を年末年始休暇とさせていただきます。

12月29日(金)午後~1月4日(木)

この期間中、ご連絡ができかねますので、あらかじめご了承の程よろしくお願い申し上げます。

休み明けの1月5日(金)は10時より、業務を再開いたします。
ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

新大阪の税理士|税理士法人Y.K.C.

カテゴリー
お知らせ

お盆休みのお知らせ

誠に勝手ながら、弊社は8月14日(月)から8月16日(水)までお盆休みとさせていただきます。

この期間中、ご連絡ができかねますので、あらかじめご了承の程よろしくお願い申し上げます。

休み明けの8月17日(木)より、通常通り業務を再開いたします。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー
セミナー情報 お知らせ

外食ビジネスサミット2023に参加しました

2023年2月8日の「外食ビジネスサミット2023https://airshipjp.com/summit20230208/に、税理士法人Y.K.C.より、税理士の小田が参加しました。

外食ビジネス業界を盛り上げるために様々なノウハウを共有し、それぞれの講師の目線で経営戦略をお話しました。

小田からは、今後も大増税、インボイス制度、電子帳簿保存法など経営環境が激しく変化する中、インボイス制度の準備とどう立ち話まるのが正解なのかについて、具体的に解説いたしました。

カテゴリー
お知らせ

税理士法人Y.K.C.のホームページリニューアル

税理士法人Y.K.C.のホームページをリニューアルオープンしました。
節税や会計業務などを通し、皆様の繁栄と永続に貢献し続けます。

カテゴリー
経営一言

日本電産会長兼社長 永守 重信氏:経営者というのは犠牲と奉仕の精神がないといかん。

経営者というのは犠牲と奉仕の精神がないといかん。

(日本電産会長兼社長 永守 重信氏)

―所長コメント:経営者は「お客に対する奉仕」「社員に対する奉仕」「自己への奉仕」を考えて行動すること。近江商人の経営理念「三方よし」の精神は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」とあります。それは、社会奉仕の願いです。―

カテゴリー
ニュース

平成30年7月28日号発行:貿易戦争、米企業に打撃。GM・GEの利益圧迫。

貿易戦争、米企業に打撃。GM・GEの利益圧迫。

 米国が仕掛けた貿易戦争が、目に見える形で米企業の業績に悪影響を及ぼし始めた。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)や家電大手のワールプールが相次ぎ業績予想を下方修正。金融界からも企業の投資意欲や個人消費の萎縮を懸念する声があがる。米経済は足元で好調を持続している。だが、企業業績への打撃が広がれば、投資や消費の減退を通じ実体経済に影を落とすことになる。米企業全体の業績は4~6月期に2割増益が見込まれ、足元で好調を持続している。だが、貿易戦争が深刻になれば、米経済の屋台骨である個人消費や企業の投資が縮む。実体経済を揺るがすリスク飲の芽は、着実に育っている。

 

《税務》税金や社会保険の支払い遅延、延滞金を損金にできるか
《税務》就活生との面談で要する飲食費
《税務》お中元の商品券、送付先リストはしっかり管理
〈経営〉購買心理の矛盾

 

今週のFAXニュースです。(pdf)

カテゴリー
経営一言

日本野球連盟会長 清野 智氏:都市対抗野球には、地域を元気にする力があります。

都市対抗野球には、地域を元気にする力があります。

(日本野球連盟会長 清野 智氏)

―所長コメント:企業の活性化には、企業内企業をつくり、各グループ毎に成績を上げさせ、適正なインセンティブの配分を行ない各社員の独立意識を持たせること。地方の活性化も同じで地域毎に競争心を持たせること。―

 

カテゴリー
ニュース

平成30年7月21日号発行:超情報社会、危うい進歩

超情報社会、危うい進歩

 企業や国がデータの力で競争力を高める「データエコノミー」が勃興する。ヒト・モノ・カネが生み出す情報資源は爆発的に増え、経済から政治、社会、日常の生活にまで影響を及ぼし始めた。技術革新は止まらない。私たちもいや応なく大きな変化を迫られる。中国では10億人以上が身分証、携帯番号、口座とひも付いた決済アプリを使う。日々の買い物から株式投資、レンタル傘やシェア自転車、無人コンビニまで、スマートフォン(スマホ)1台で済む新たな生活インフラだ。利用には代償も伴う。電子情報技術産業協会によると、2030年にはあらゆるものがネットにつながるIoT関連市場が世界で404兆円と現在の2倍強に膨らむ。顔や音声の認証技術も普及し、従来の文字や画像と組み合わせるデータのかけ算が広がる。グーグルは世界中からデータをかき集め、今や「IT(情報技術)の巨人」として影響力を振るう。

 

《税務》妻名義の営業・・・申告は誰がする?
《税務》消費税の軽減税率、飲食店が販売するお弁当は対象か
《税務》執行役と執行役員の違い
〈経営〉見聞して、行動する

 

今週のFAXニュースです。(pdf)