カテゴリー
経営一言

小林 一三氏:成功の道は信用を得ることである。どんなに才能や手腕があっても、平凡なことを忠実に実行できないような若者は将来の見込みはない。

成功の道は信用を得ることである。どんなに才能や手腕があっても、
平凡なことを忠実に実行できないような若者は将来の見込みはない。
(阪急電鉄・創業者,小林 一三氏)

【所長コメント】
用は、当り前のことを当り前に、地道に継続して築き上げられます。
時間を守ることも、約束を守ることも信用の蓄積でありそれが財産となります。
又、何かをまかすにも、まかされるにもベースは信用です。