カテゴリー
経営一言

斉藤 保氏:「恥の文化」には、人に負けないこと、人に恥じない「良い物」を作る美意識が通底にあります。

「恥の文化」には、人に負けないこと、
人に恥じない「良い物」を作る美意識が通底にあります。
(IHI社長,斉藤 保氏)

【所長コメント】 
「恥を知れ」とよく父親から云われたものです。
「人に笑われるようなことをするな」「親の顔に泥を塗ることをするな」とか。