カテゴリー
ニュース

平成28年7月2日発行:女性・シニア、働く人の5割。15年国勢調査、人手不足補う

女性・シニア、働く人の5割。15年国勢調査、人手不足補う

 総務省が29日公表した2015年国勢調査の抽出速報集計で、就業者全体に占める女性と65歳以上の高齢者の割合が初めて5割を超えた。少子化高齢化のあおりで労働力人口は6075万人と前回の10年調査と比べ295万人減少、増加する介護・福祉分野などの人手不足を補うため女性とシニア層が働き手として存在感を高めている。


《税務》経費の支払いをカード決済する場合
【相続】配偶者への自宅の贈与
(社会保険)定時決定時調査、不正発覚のケースも
〈経営〉経営計画策定の効果


今週のFAXニュースです。(pdf)