平成30年3月17日号発行:「18歳成人」法案、国会提出

「18歳成人」法案、国会提出

 政府は、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案を閣議で決め、国会に提出した。今国会で成立させ、2022年4月1日に施行する方針だ。成人年齢が引き下げられると、18、19歳でも親の同意なくローンを組んで高額商品を購入できるようになる。上川法相の記者会見で「少子高齢化が急速に進むなか、若年者の積極的な社会参加を促し、その自覚を高める政策の一環として意義は大きい」主要国では「18歳成人」が多く、国際的な標準に合わせる狙いもある。女性の結婚できる年齢は16歳から18歳に引き上げ、男女ともに18歳に統一する。

 

《税務》個人事業主が妻に給与支給した場合
〈経営〉学資保険の保険金受取時期の再確認を
≪相続≫分割協議成立前の賃料収入
〈経営〉仕事が忙しい

 

今週のFAXニュースです。(pdf)

 

2018年3月17日