平成30年6月23日号発行:電子決済、アジア加速。中国お年玉、タイの屋台

電子決済、アジア加速。中国お年玉、タイの屋台

 アジアで売買や贈与に現金を用いない「キャッシレス」が進展している。中国では赤い紙で現金を包んで渡すのが習慣だった紅包(お年玉)のキャッスレス化が進んでいる。タイの屋台街や露店では、QRコードを用いたスマホ決済が可能な店舗が増えている。慢性的な渋滞が課題のインドネシアでは、自動車や二輪車の相乗りサービスが現金を介さず利用できるのが一般的だ。アジアの新興国でキャッシュレスの取引件数の平均伸び率は15~20年に30.9%と、世界平均(10.9%)を大幅に上回る見通しだ。アジアの新興国では政府主導で電子決済の後押しが進むのも特徴だ。税金を捕捉するのが容易になるのに加え、硬貨の製造コスト、回収などの管理コストを削減できる利点があるからだ。

 

《税務》大学院で社員研修、課税仕入れの範囲
《税務》消費税の中間申告、納税義務がなくても申告可能か
《税務》社内融資の利息
〈経営〉値上げか、据え置きか

 

 今週のFAXニュースです。(pdf)

2018年6月23日