大相撲・新小結 遠藤:しっかりと自分と向き合って、つらいときは忍んで、必死にもがいてやるしかない。

しっかりと自分と向き合って、つらいときは忍んで、必死にもがいてやるしかない。

(大相撲・新小結 遠藤)

-所長コメント:どんな悪天候の時であってもあしたになれば朝が来る。そして、日も昇る。努力を惜しまず頑張っておれば、きっと明るい光がさしてくる。常に辛いことは試練であり修業の時と同じと思えば気も楽になる。-

 

2018年5月12日