任天堂社長 君島 達巳氏:経営者で一番大事なのは引き際だ。(創業家で元社長)山内溥が退いた時には『どうなるか分からないけど、自分たちの責任でやれ』という言葉を残しており、その通りだと思う。

経営者で一番大事なのは引き際だ。(創業家で元社長)山内溥が退いた時には『どうなるか分からないけど、自分たちの責任でやれ』という言葉を残しており、その通りだと思う。

(任天堂社長 君島 達巳氏)

-所長コメント:トップの最後で最大の仕事は引退と引継ぎです。手を引く以上、あとのことはすべて次のも者にまかせることです。下手に口を出すとあとの者がやりにくくなり、混乱の元となります。それが例え正しくとも二つの命令系統をつくることとなる。「子は親の後姿を見て育つ。」と云われますが、会社も同じです。-

2018年3月24日