平成30年7月14日号発行:豪雨被害、平成で最悪。西日本、治水の想定上回る。

豪雨被害、平成で最悪。西日本、治水の想定上回る。

 西日本を襲った記録的豪雨は、平成に入って最悪の豪雨災害となった。高速道路の通行止めや鉄道の運休も続いており、企業活動への影響が長引くことも予想される。想定を超える量の雨で、河川が氾濫する災害は近年相次ぎ、ソフト面を含めた新たな水害対策が求められている。気象庁は、今回の災害を「平成30年7月豪雨」と命名した。同庁は、「数十年に一度の重大な

災害が予想される」として「大雨特別警報」を発令。

 

《税務》駐車違反の罰科金
《税務》訪問時の手土産、打合せ費用で会議費計上
《税務》役員報酬の一部を未払い、源泉徴収額の計算方法は?
〈経営〉徳のある経営者

 

 今週のFAXニュースです。(pdf)

2018年7月14日