平成29年12月23日・30日合併号発行:地銀、好況でも迫る危機。金融庁、淘汰見据える、全体の6割減益体力低下

地銀、好況でも迫る危機。金融庁、淘汰見据える、全体の6割減益体力低下

 地銀への視線が厳しくなってきている。地域経済には明るさが出始めているのに、マイナス金利政策に伴い収益は日増しに悪くなっている。。もとより人口減で先細りは避けられない。日銀・金融庁も地銀不振で生じるリスクに目を向ける。国債などの資産運用がマイナスになると自己資本を食いつぶし、債務超過に陥る可能性が高まる。日銀はマイナス金利で地銀を苦しめた張本人。

 

《税務》年の中途での年末調整  《税務》
《税務》地震保険料控除、確定申告で見落とし注意
〈経営〉変化対応の準備

 

 

今週のFAXニュースです。(pdf)

2017年12月23日